七重浜駅

ななえはま
道南いさりび鉄道
北海道

七重浜駅(道南いさりび鉄道)
駅南口 R4(2022).6.15
【分類】 駅舎
【考察】 大正15年開業。平成28年にJR北海道から移管。
現在の橋上駅舎はJR当時の昭和54年に改築されたもの。
旧駅舎は昭和54年築のコンクリート造りのもので、平成29年に解体。
先々代駅舎は、駅開業当時からの木造駅舎だった。※1
れとろ駅舎HOME >> 駅舎随録 >> 七重浜駅(道南いさりび鉄道)
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
北斗市の住宅地にある駅。元はJR江差線の駅でしたが、平成28年の道南いさりび鉄道発足に伴いJR北海道から移管されました。
七重浜駅(道南いさりび鉄道)
橋上駅舎通路 R4(2022).6.15
七重浜駅(道南いさりび鉄道)
橋上駅舎内部 R4(2022).6.15
七重浜駅(道南いさりび鉄道)
駅北口 R4(2022).6.15
【切符】
七重浜駅(道南いさりび鉄道) きっぷ
【脚注】
※1.『日本の駅』 鉄道ジャーナル社 1972,p.63(写真あり)