七重浜駅

ななえはま
JR北海道 江差線
北海道

七重浜駅
駅入口と旧駅舎 H23(2011).6.16
【分類】 橋上駅舎
【考察】 駅は大正15年に開業。平成28年に道南いさりび鉄道へ移管。写真の旧
駅舎は駅開業当時からの木造駅舎に代わり昭和54年に建てられたもの。
昭和61年に現在の橋上駅舎が完成。旧駅舎は平成29年に解体された。
れとろ駅舎HOME >> 駅舎随録 >> 七重浜駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
北斗市の住宅地にある駅。沿線の駅の中では比較的利用客が多く、昭和50年代に旧来の木造駅舎からコンクリート造りの駅舎に改築されましたが、駅の北側の宅地化が進んだためか、わずか数年後に現在の橋上駅舎を新設。南北両側から駅への出入りが可能となりました。
なお、まだ新しかった旧駅舎は駅長事務室などに転用されていましたが、道南いさりび鉄道への移管の際に駅は無人化。その後解体されました。
七重浜駅
ホーム側から見た旧駅舎 H23(2011).6.16
【切符】
七重浜駅 きっぷ