新飯塚駅 しんいいづか
JR九州 筑豊本線
福岡県飯塚市

新飯塚駅
旧駅舎正面 平成7年12月27日撮影
飯塚市の中心部にある駅。後藤寺線が接続しており、駅前には商業ビルや公共施設などが建ち並んでいます。また、遠賀川を挟んだ対岸には飯塚市の旧来からの市街地が広がっていますが、当駅より早く開業した飯塚駅は市街地から少し離れた場所に設けられたため、現在は利用客が多い当駅のほうが飯塚市の実質的な玄関駅となっています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治35年に「芳雄」駅として開業し、昭和10年に現在の駅名に改称。写真の旧駅舎は大正13年に建てられたもの。平成13年に現在の橋上駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 新飯塚駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
新飯塚駅
現在の橋上駅舎 平成28年7月6日撮影