直方駅

のおがた
JR九州 筑豊本線
福岡県直方市

直方駅
旧駅舎正面 平成19年1月4日撮影
直方市の玄関駅。平成筑豊鉄道伊田線が接続しています。また、駅前は商店街となっており、西鉄バスのバスターミナルも設けられています。直方の町は江戸時代から長崎街道の宿場町として栄えてきましたが、明治期から昭和の高度成長期にかけて筑豊炭田の中心都市となり、当駅も鉄道貨物輸送の拠点駅として賑わいました。現在は炭鉱は姿を消し、駅の規模もかなり縮小されましたが、筑豊本線の電化や橋上駅舎化などの近代化も図られています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治24年に開業。写真の旧駅舎は明治43年に建てられたもので、初代博多駅の駅舎を移築したとする資料がある。平成22年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 直方駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
直方駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成19年1月4日撮影

直方駅
現在の駅舎 平成28年7月6日撮影