上相浦駅

かみあいのうら
松浦鉄道 西九州線
長崎県

上相浦駅
駅入口と旧待合上屋 R5(2023).7.16
【分類】 ホームのみ
【考察】 大正9年に現在地の西方に「山口」停留場として設置され、同11年に現在の名称に改称。昭和18年の路線ルート変更時に現在地に移転したものと思われる。
旧駅舎は駅移転時に建てられたもので、昭和45年の駅無人化以降に解体されたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 駅舎随録 >> 上相浦駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
佐世保市郊外の住宅地にある駅。旧来の駅入口や待合上屋はホームの南方にありますが、平成4年の列車交換設備(上りホーム)の設置を機に列車がホームの中央付近に停車するようになり、上下ホームの中央部にそれぞれ新たな待合上屋が設けられました。また、古地図によると当駅は設置当初は相浦川の西岸(相浦橋の西詰あたり)に設けられており、線路は現在の相浦西小学校の北方をトンネルで越え、北側から相浦駅に入っていたようですが、昭和18年のルート変更により当駅は現在地に移設。相浦駅には南側から入る形に改められました。
上相浦駅
ホームと駅名標 R5(2023).7.16
【脚注】
※1.『日本の駅』 竹書房 1979,p.0(写真あり)