佐敷駅

さしき
肥薩おれんじ鉄道
熊本県葦北郡芦北町

佐敷駅
駅舎 H25(2013).8.3
【分類】 現役駅舎
【考察】 大正14年開業。平成16年にJR九州から移管。
駅舎は駅開業当時からのもの。※1
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 佐敷駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
葦北郡芦北町の玄関駅。駅のある佐敷の町は佐敷城の城下町として、また、薩摩街道の宿場町として古くから栄えてきたところで、湾曲する佐敷川に沿うように町並みが延びています。また、昭和30年の町村合併により、それまでの葦北郡佐敷町は同郡葦北町の一部となり、球磨川流域を通る肥薩線の白石駅などと同一の自治体に属することとなりました。
佐敷駅
駅舎入口 H25(2013).8.3
佐敷駅
ホーム側から見た駅舎 H25(2013).8.3
佐敷駅
駅舎 H7(1995).5.28
【切符】
佐敷駅 きっぷ佐敷駅 きっぷ
佐敷駅 きっぷ
佐敷駅 きっぷ
【脚注】
※1.『日本の駅』 鉄道ジャーナル社 1972,p.455