鈴蘭台駅

すずらんだい
神戸電鉄 有馬線
兵庫県

鈴蘭台駅
改築前の旧駅ビル H17(2005).10.16
【分類】 駅ビル
【考察】 昭和3年に「小部」駅として開業し、昭和7年に現在の駅名に改称。開業当初の駅舎は三角屋根の木造駅舎だった。旧駅ビルは昭和48年完成。※1
平成30年に現在の駅ビルに改築。
れとろ駅舎HOME >> 駅舎随録 >> 鈴蘭台駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
有馬線と粟生線が分岐し、構内に車両基地を擁する神戸電鉄の主要駅。鈴蘭台地区は神戸市北区の行政の中心地でもあり、駅ビルに区役所が同居しています。

駅の周囲は元々は小部(おうぶ)という名の山間の農村だったところですが、当駅が設置された後に避暑地として発展。後に住宅地として人口が増加し、商店や住宅が密集する市街地が形成されました。
【脚注】
※1.『神戸電鉄六十年史』 神戸電鉄 1987,pp.36-37/p.145(旧駅舎の写真あり)