西代駅

にしだい
山陽電気鉄道 本線
兵庫県

西代駅
駅南西側出入口 H10(1998).12.22
【分類】 地下駅
【考察】 明治43年開業。旧来の駅舎は二階建ての木造駅舎で、昭和43年の神戸高速鉄道開通に合わせて橋上駅舎に改築。平成7年に現在の地下駅が完成。
※1
れとろ駅舎HOME >> 駅舎随録 >> 西代駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
山陽電気鉄道本線の起点駅ですが、阪神神戸高速線と直通運転を行っているため、駅はシンプルな中間駅の構造となっています。
かつての山陽電気鉄道本線は国鉄兵庫駅前にあった電鉄兵庫駅を起点としており、当駅には車庫が設けられていましたが、神戸高速鉄道(当時)の開業に伴い電鉄兵庫−当駅間は廃止。その後、車庫は東須磨駅の構内に移転し、跡地には山陽電気鉄道の本社ビルが建っています。
【脚注】
※1.『山陽電車 駅と沿線100年の旅』 神戸新聞総合出版センター 2007,pp.18-19(旧駅舎の写真あり)