広電西広島駅

ひろでんにしひろしま
広島電鉄 宮島線
広島県

広電西広島駅
旧駅ビルと電車 H28(2016).7.29
【分類】 駅ビル
【考察】 大正11年に宮島線の「己斐町」駅として開業し、昭和6年の「西広島」駅への改称を経て昭和44年に現在の駅名に改称。市内線は大正元年開業の「己斐」停留場だったものを、平成13年に広電西広島駅に統合。写真の駅ビルは平成30年に解体。
→現在の駅の様子はこちら
れとろ駅舎HOME >> 駅舎随録 >> 広電西広島停留場
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
JR西広島駅の南側にある、広島電鉄のターミナル駅。路面電車である市内線と鉄道線である宮島線の接続駅ですが、現在は宮島線の電車もすべて市内線と共通の低床車両となっています。
また、同じ場所にあり直通運転を行っているにも関わらず、市内線の電停は開業当初からずっと名称が変更されず「己斐」のままでしたが、平成13年に市内線のいくつかの主要電停の名称を変更。同時に「己斐」電停は当駅に統合され、名称の統一が図られました。
広電西広島駅
市内線己斐電停当時の様子 H12(2000).8.20
【切符】
広電西広島駅 きっぷ