木古内駅

きこない
道南いさりび鉄道
北海道

木古内駅(道南いさりび鉄道)
駅南口 R4(2022).6.15
【分類】 橋上駅舎
【考察】 昭和5年開業。平成28年にJR北海道から移管。
橋上駅舎は昭和62年に改築されたもの。※1
旧駅舎は木造駅舎だった。※2
→JR北海道・北海道新幹線の木古内駅はこちら
れとろ駅舎HOME >> 駅舎随録 >> 木古内駅(道南いさりび鉄道)
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
道南いさりび鉄道の終点駅。元のJR江差線とJR海峡線の接続駅で、平成28年の新幹線開業に伴い在来線駅は道南いさりび鉄道に移管。新幹線との併用区間となった海峡線はJR北海道の所属のままですが、在来線としての定期旅客列車の運行は廃止されています。
木古内駅(道南いさりび鉄道)
橋上駅舎通路 R4(2022).6.15
木古内駅(道南いさりび鉄道)
橋上駅舎内部 R4(2022).6.15
【切符】
木古内駅(道南いさりび鉄道) きっぷ
【脚注】
※1.『JR全線全駅 2001年版』 弘済出版社 2000,p.598
※2.『日本の駅』 鉄道ジャーナル社 1972,p.64(写真あり)