徳山駅

とくやま
JR西日本 山陽本線
山口県

徳山駅
旧在来線口駅ビル H26(2014).5.23
【分類】 駅ビル(在来線)/高架駅(新幹線)
【考察】 駅は明治30年に開業。現在の橋上駅舎と駅ビルは平成26年に改築された
もので、以前の在来線口の旧駅ビルは昭和40年に建てられたもの。
新幹線口は昭和50年の開業当時からの高架駅。
→現在の駅の様子はこちら
「なにそれ」HOME >> 駅舎随録 >> 徳山駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
工業都市として知られる周南市(旧・徳山市)の玄関駅。在来線口は徳山市の中心市街地に面しており、駅前には商店街やオフィス街が広がっているほか、新幹線口の駅前にはフェリーターミナルなどの港湾施設があります。
また、当駅は岩徳線の接続駅ともなっており、駅構内には在来線の車両基地も設けられています。
なお、在来線口の旧駅ビルは平成28年に解体され、現在は駅舎としての機能は駅ビルの東側に隣接している橋上駅舎に移っています。
徳山駅
旧在来線口駅ビル H7(1995).12.23