薩摩松元駅

さつままつもと
JR九州 鹿児島本線
鹿児島県

薩摩松元駅
駅入口 R3(2021).4.9
【分類】 駅舎
【考察】 駅は昭和29年に開業。現在の駅舎の建築時期は不明だが、駅裏口に旧
駅舎の痕跡のようなものがあり、ホーム上の駅舎とは別に旧駅舎が存在
していた可能性が考えられる。
れとろ駅舎HOME >> 駅舎随録 >> 薩摩松元駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
鹿児島市松元地区(旧・日置郡松元町)の中心部にある駅。駅は斜面上の狭い場所に設けられており、駅の入口から階段と地下通路を通ってホーム上に造られた駅舎に直接入る構造になっています。
また、駅舎の奥にはかつて駅事務室があり、改札や切符の販売が行われていましたが、平成16年の無人化後に壁が取り払われ、現在は待合室となっています。
なお、地下通路は駅の裏手にも延びており、トイレや駐輪場があるほか、旧駅舎の痕跡ではないかと思われる建物の土台が見受けられます。
薩摩松元駅
駅舎内部 R3(2021).4.9
薩摩松元駅
駅裏口 R3(2021).4.9
薩摩松元駅
ホームから見た駅裏口 R3(2021).4.9
【切符】
薩摩松元駅 きっぷ薩摩松元駅 きっぷ
薩摩松元駅 きっぷ