ニセコ駅

にせこ
JR北海道 函館本線
北海道

ニセコ駅
駅舎 H29(2017).11.5
【分類】 駅舎
【考察】 明治37年に「真狩」駅として開業し、明治39年の「狩太」駅への改称を経て昭和43年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は昭和41年築。※1
└昭和63年改築。※2(元の駅舎を改装したものと思われる)
れとろ駅舎HOME >> 駅舎随録 >> ニセコ駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
虻田郡ニセコ町にある駅。駅は尻別川沿いの低い場所にあり、駅前の坂を上った先の河岸段丘上に町の中心市街地が形成されています。
また、ニセコ町はスキー場や温泉などを擁するリゾート地としても知られており、駅舎内には観光協会が入居しています。
ニセコ駅
駅舎内部 H29(2017).11.5
ニセコ駅
ホーム側から見た駅舎 H29(2017).11.5
【切符】
ニセコ駅 きっぷ
ニセコ駅 きっぷ
【脚注】
※1.『日本の駅』 鉄道ジャーナル社 1972,p.58
※2.『JR全線全駅 2001年版』 弘済出版社 2000,p.590