門司駅

もじ
JR九州 鹿児島本線
福岡県

門司駅
駅南口 H26(2014).3.3
【分類】 橋上駅舎
【考察】 駅は明治24年に「大里(だいり)」駅として現在地より約400メートル
北西方に開業。関門トンネルとの接続のため昭和17年に駅を現在地に
移転し、現在の駅名に改称。平成16年に現在の橋上駅舎に改築。
→旧駅舎はこちら
れとろ駅舎HOME >> 駅舎随録 >> 門司駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
北九州市門司区にある駅。門司の旧来の市街地は門司港駅の周辺で、当駅は海側の街道筋に延びる大里の町の玄関駅に過ぎませんでしたが、関門(鉄道)トンネルの開通・接続により機関車の基地なども設けられ、九州を代表する大きな駅のひとつとなりました。
その後、山陽新幹線の開通により当駅を通る優等列車が減り、関門トンネルも下関とのローカル輸送と本州からの貨物輸送が主な役割となりましたが、駅の周りは市街地として発展しているため、当駅の利用客数は門司港駅よりも多くなっています。
門司駅
駅北口 H27(2015).1.12
【切符】
門司駅 きっぷ門司駅 きっぷ
門司駅 きっぷ門司駅 きっぷ