美祢駅

みね
JR西日本 美祢線
山口県

美祢駅
駅舎 R3(2021).3.26
【分類】 駅舎
【考察】 大正5年に「吉則」駅として開業し、昭和38年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は昭和40年代頃に建てられたものと思われるが、以前の
旧駅舎は木造駅舎だった。
「なにそれ」HOME >> 駅舎随録 >> 美祢駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
美祢市の玄関駅。駅の周囲には商業施設や住宅、公共施設などが建ち並んでいます。
また、駅の東方には巨大なセメント工場がありますが、美祢線はその貨物輸送で大きな収入があったため、国鉄時代に地方交通線の指定を受けず、現在でも幹線としての運賃が適用されています。
なお、現在は美祢線内の鉄道貨物輸送は廃止されており、当駅でも使われなくなった島式ホームや貨物側線にかつての賑わいの面影を残すのみとなっています。
美祢駅
駅舎内部 R3(2021).3.26
美祢駅
ホーム側から見た駅舎 R3(2021).3.26
美祢駅
ホームと駅構内 H21(2009).4.27
美祢駅
駅舎 H21(2009).4.27
【切符】
美祢駅 きっぷ
美祢駅 きっぷ