倉敷駅

くらしき
JR西日本 山陽本線
岡山県

倉敷駅
南口駅舎 H30(2018).10.3
【分類】 駅ビル・橋上駅舎
【考察】 駅は明治24年に開業。現在の橋上駅舎は昭和56年に、駅ビルは
昭和58年に完成。平成27年に駅ビルが減築され現在の姿となる。
→減築前の駅ビルはこちら
れとろ駅舎HOME >> 駅舎随録 >> 倉敷駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
倉敷市の玄関駅。倉敷の町は江戸時代初期から天領として栄えてきた商業集積地で、駅の南東方には古い町並みを残した「倉敷美観地区」が広がり、著名な観光地となっています。
また、駅の北側にはかつて紡績工場があり、その跡地にテーマパークが開園。それに合わせて駅北口は北欧風のデザインが施されていますが、後にテーマパークは閉園となり、現在は商業施設が建てられています。
倉敷駅
駅コンコース H30(2018).10.3
倉敷駅
駅北口 H30(2018).10.3
【切符】
倉敷駅 きっぷ