光駅

ひかり
JR西日本 山陽本線
山口県

光駅
駅舎 H23(2011).8.11
【分類】 駅舎
【考察】 明治45年に「虹ヶ浜」駅として開業し、昭和16年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は昭和58年に改築されたもの。それ以前の旧駅舎は昭和20
年に建てられた木造駅舎で、さらに前の駅舎も木造駅舎だった。
「なにそれ」HOME >> 駅舎随録 >> 光駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
光市の玄関駅。駅前には商業ビルや住宅が建ち並んでおり、その向こう側には虹ヶ浜海水浴場が広がっています。
当駅は当時の熊毛郡浅江村に「虹ヶ浜」駅として開業しましたが、昭和14年に近隣4村の合併で熊毛郡周南町が成立。当地に設置されていた海軍工廠の命名に伴い、翌年に周南町は光町に改称したため、当駅もそれに併せて駅名を改称。昭和18年には古くから港町として栄えてきた熊毛郡室積町と合併・市制施行し、光市となっています。
光駅
駅舎内部 H30(2018).9.22
光駅
ホームと駅構内 H30(2018).9.22
光駅
駅舎 H7(1995).12.23
【切符】
光駅 きっぷ