東総社駅

ひがしそうじゃ
JR西日本 吉備線
岡山県

東総社駅
駅舎 R4(2022).9.24
【分類】 駅舎
【考察】 明治37年に「総社」駅として開業し、昭和34年に現在の駅名に改称。現在の駅舎は昭和55年築。※1
└旧駅舎は木造駅舎だった。※2
れとろ駅舎HOME >> 駅舎随録 >> 東総社駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
総社市の中心市街地の北側にある駅。
当駅は吉備線の前身である中国鉄道の「総社」駅として開業し、後に開業した伯備線には「西総社」駅が設けられましたが、中国鉄道は後に国有化。昭和34年に当駅が「東総社」駅に、西総社駅が「総社」駅にそれぞれ改称され、現在の形となりました。
東総社駅
駅舎内部 R4(2022).9.24
東総社駅
ホーム側から見た駅舎 R4(2022).9.24
東総社駅
駅舎 H10(1998).12.28
【切符】
東総社駅 きっぷ
東総社駅 きっぷ
【脚注】
※1.建物資産標による
※2.『日本の駅』 鉄道ジャーナル社 1972,p.390(写真あり)