新村駅

シンチョン
韓国鉄道公社 京義線
ソウル特別市西大門区

新村駅(韓国鉄道公社)
旧駅舎 2019.8.28
【分類】 旧駅舎(別用途)
【考察】 駅は1921年に開業。写真の旧駅舎は1920年代に建てられたものだが、
2006年に完成した現在の駅ビルの建設に合わせて駅事務室部分を反対
側に移設している。
れとろ駅舎HOME >> 韓国のれとろ駅舎 >> 新村駅(韓国鉄道公社)
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
ソウル特別市の市街地にある駅。もとは京義線、現在は京義・中央線の列車が発着する駅となっていますが、京義・中央線の列車の大半は当駅の隣の加佐駅から龍山駅方面(龍山線)に直通するようになったため、当駅にはソウル駅を始発・終着とする列車のみが停車しています。
なお、旧駅舎は現在の駅ビルの出入口の階段の用地にかかってしまったため、保存にあたって駅事務室部分を向かって左側から右側に移設。旧来の姿からは左右が反転した姿となり、その後は観光案内所として使用されています。
新村駅(韓国鉄道公社)
旧駅舎内部 2019.8.28
新村駅(韓国鉄道公社)
ホーム側から見た旧駅舎 2019.8.28
新村駅(韓国鉄道公社)
現在の駅ビル 2019.8.28