菁桐駅

ジントン
台鐵 平渓線
新北市平渓区

菁桐駅
駅舎正面 2018年5月8日撮影
平渓線の終点駅。かつては石炭の積み出し駅として賑わい、現在も駅構内には積出施設の跡が残されています。また、現在は駅周辺は観光地化されており、駅前には商店や飲食店が密集しています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 1929年に「菁桐坑」駅として開業し、1962年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 台湾のれとろ駅舎 >> 菁桐駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
菁桐駅
別角度から見た駅舎 2018年5月8日撮影

菁桐駅
駅舎内部 2018年5月8日撮影

菁桐駅
ホーム側から見た駅舎 2018年5月8日撮影