油須原駅

ゆすばる
平成筑豊鉄道 田川線
福岡県田川郡赤村

油須原駅
改装前の駅舎 H23(2011).4.1
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅が開業した明治28年当時からの駅舎だが、平成26年頃に映画の撮影
のため入口や内装などを改装。
平成元年にJR九州から平成筑豊鉄道に転換。
れとろ駅舎HOME >> 九州・沖縄のれとろ駅舎 >> 油須原駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
田川郡赤村にある駅。村の中心部の東端に位置しており、平成15年に隣の赤駅が開業するまでは村の中心部の最寄り駅でしたまた、かつて石炭輸送で賑わった名残で駅の構内は広く、また、国鉄時代には当駅から添田線(昭和60年に廃止)の大任駅を経て日田彦山線の豊前川崎駅までを結ぶ「油須原線」の建設が進められていましたが、未完成のまま建設は中止となっています。
なお、以前は窓口跡はシャッターで仕切られ、素っ気ない感じでしたが、駅舎が映画の撮影に使用され、現在は入口や内装がレトロな雰囲気になっています。
油須原駅
駅舎 H28(2016).7.6
油須原駅
駅舎内部 H27(2015).9.19
油須原駅
ホーム側から見た駅舎 H23(2011).4.1
油須原駅
駅舎 H15(2003).5.18