山本駅

やまもと
JR九州 唐津線
佐賀県唐津市

山本駅
駅舎 H30(2018).4.13
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治32年に開業。
現在の駅舎の建築時期は、建物財産標では「大正元年10月4日」と
なっており、書籍『日本の駅』では大正10年2月とされている。
れとろ駅舎HOME >> 九州・沖縄のれとろ駅舎 >> 山本駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
唐津市の郊外にある駅。駅前を国道203号線が通っており、民家や商店が建ち並んでいます。
当駅からは筑肥線の伊万里方面への路線(筑肥西線)が分岐してしていますが、かつては駅裏手の住宅地あたりまで駅の構内が広がっており、昭和46年までは唐津線岸嶽支線が、昭和58年までは筑肥線の博多・東唐津方面からの路線が当駅へ乗り入れていました。
山本駅
駅舎内部 H30(2018).4.13
山本駅
ホーム側から見た駅舎 H30(2018).4.13
山本駅
駅舎 H24(2012).5.12
山本駅
駅舎と駅構内 H24(2012).5.12
山本駅
駅舎 H13(2001).12.30
山本駅
ホーム側から見た駅舎 H5(1993).4.2
【切符】
山本駅 きっぷ
山本駅 きっぷ