内牧駅

うちのまき
JR九州 豊肥本線
熊本県阿蘇市

内牧駅
旧駅舎 H27(2015).8.1
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正7年に開業。現在の駅舎は昭和25年に建てられたものだが、
平成28年に震災で損傷し、その後解体。令和2年に現在の簡易駅舎が
完成。
れとろ駅舎HOME >> 九州・沖縄のれとろ駅舎 >> 内牧駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
阿蘇市(旧・阿蘇郡阿蘇町)にある駅。駅前には民家や商店が建ち並んでいます。
駅名の由来となった阿蘇市内牧地区は、昭和29年までは阿蘇郡内牧町という独立した自治体だったところで、阿蘇温泉郷最大の温泉地である内牧温泉を擁していますが、駅は地区の中心部や温泉地からは南方に2キロ以上離れた場所に位置しており、昭和29年までは隣の阿蘇駅(当時は坊中駅)と同じ阿蘇郡黒川村の村域でした。
内牧駅
旧駅舎内部 H27(2015).8.1
内牧駅
ホーム側から見た旧駅舎 H27(2015).8.1
内牧駅
旧駅舎 H19(2007).1.2
内牧駅
ホーム側から見た旧駅舎 H17(2005).4.15
内牧駅
現在の簡易駅舎 R3(2021).2.21