田代駅 たしろ
JR九州 鹿児島本線
佐賀県鳥栖市

田代駅
旧駅舎正面 平成6年7月21日撮影
鳥栖市の北部にある駅。
駅のある田代の町は、江戸時代には長崎街道の宿場町として、また、特産品の薬を行商する田代売薬の拠点として栄えてきた町で、駅は旧来の田代の町の東南の外れに位置していますが、現在は駅の周囲には住宅地が広がっています。

また、駅の裏手には広い貨物施設があり、鳥栖駅の貨物施設と一体化していましたが、平成18年に「鳥栖貨物ターミナル」駅という新たな貨物駅として再整備されました。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治22年に開業。写真の旧駅舎は開業当時からのものと思われる。
平成14年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 田代駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
田代駅
現在の駅舎 平成27年5月24日撮影