下ノ江駅

したのえ
JR九州 日豊本線
大分県臼杵市

下ノ江駅
駅舎 H24(2012).9.23
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅が開業した大正4年当時からの駅舎と思われる。
れとろ駅舎HOME >> 九州・沖縄のれとろ駅舎 >> 下ノ江駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
臼杵市の北部にある駅。駅のある下ノ江の町は造船業が盛んな港町ですが、駅は町の中心部から少し離れた山間部に設けられており、駅の周囲には田畑が広がっています。
また、駅前広場の片隅には小さなお稲荷さんがありますが、これは駅で事故が多発したため、たたりを鎮めるために建てられたものとのことです。
下ノ江駅
駅舎 H24(2012).9.23
下ノ江駅
駅舎内部 H24(2012).9.23
下ノ江駅
ホーム側から見た駅舎 H24(2012).9.23
下ノ江駅
駅舎 H14(2002).4.28