鹿家駅

しかか
JR九州 筑肥線
福岡県糸島市

鹿家駅
旧駅舎 H24(2012).5.12
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正12年に開業。写真の旧駅舎は昭和13年に建てられたもの。
平成24年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 九州・沖縄のれとろ駅舎 >> 鹿家駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
糸島市二丈地区(旧・糸島郡二丈町)の東端部にある駅。駅は小高い丘の上に位置しているため、眼下に集落や唐津湾を一望することができます。
また、駅の南方には佐賀県との県境が通っています。なお、筑肥線の前身である北九州鉄道は大正12年に浜崎−福吉駅間を先行開業し、同時に当駅が開業したため、当駅は筑肥線の中では最古参の駅となっています。
鹿家駅
旧駅舎内部 H13(2001).12.30
鹿家駅
ホーム側から見た旧駅舎 H24(2012).5.12
鹿家駅
旧駅舎 H6(1994).3.18
鹿家駅
現在の待合室 H24(2012).5.12
【切符】
鹿家駅 きっぷ
鹿家駅 きっぷ