下鴨生駅

しもかもお
JR九州 後藤寺線
福岡県嘉麻市

下鴨生駅
駅舎 H7(1995).12.17
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正5年に「赤坂」貨物駅として開業し、大正13年に旅客営業開始。
写真の旧駅舎は昭和26年の駅移転時に建てられたもので、昭和31年に
現在の駅名に改称。平成16年に駅舎解体。
れとろ駅舎HOME >> 九州・沖縄のれとろ駅舎 >> 下鴨生駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
嘉麻市稲築地区(旧・嘉穂郡稲築町)にある駅。当初は貨物駅として開業したため、駅は町外れの寂しい場所にありますが、漆生線(昭和61年廃止)や貨物支線が分岐する列車運行上の主要駅として機能していました。
また、平成6年までは列車の行き違いの際にタブレット交換が行われており、運転取扱のための駅員が配置されていましたが、平成7年の訪問時には既に無人駅となっていました。
下鴨生駅
駅入口 H6(1994).1.6
下鴨生駅
現在の駅入口 H27(2015).5.24
【切符】
下鴨生駅 きっぷ
下鴨生駅 きっぷ