中間駅

なかま
JR九州 筑豊本線
福岡県中間市

中間駅
駅舎正面 平成28年7月6日撮影
中間市の玄関駅。駅前には住宅や商店、公共施設などが建ち並んでいますが、市街地は駅の西側から南側にかけて広がっており、駅の裏手にあたる西口にも簡易な駅舎が設けられています。中間の町は高度成長期時代には炭鉱町として栄え、当駅からも多くの石炭を積み出していたほか、昭和60年まで当駅から分岐していた香月線の沿線からも多くの石炭が運ばれていました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治24年に開業。現在の駅舎の建築時期は不明だが、大幅に改装されている。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 中間駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
中間駅
平成6年当時の駅舎 平成6年1月6日撮影

中間駅
西口駅舎 平成28年7月6日撮影