永尾駅

ながお
JR九州 佐世保線
佐賀県武雄市

永尾駅
駅舎 H30(2018).4.13
【分類】 現役駅舎
【考察】 昭和17年に信号場として開業し、昭和24年に駅に昇格。駅舎は駅昇格
前の昭和22年に建てられたものだが、昭和47年の駅無人化以降に縮小
されている。
れとろ駅舎HOME >> 九州・沖縄のれとろ駅舎 >> 永尾駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
武雄市山内地区(旧・杵島郡山内町)の東部にある駅。駅の周囲には農村地帯が広がっています。
なお、当駅は地元の方々の働きかけによって信号場から駅に昇格し、個性的な形の駅舎も地元の負担で建てられたそうですが、現在は旧駅事務室部分の大半が撤去されています。
永尾駅
駅舎内部 H30(2018).4.13
永尾駅
ホーム側から見た駅舎 H30(2018).4.13
永尾駅
駅舎 H25(2013).8.29
永尾駅
駅舎 H13(2001).12.30