幸崎駅

こうざき
JR九州 日豊本線
大分県大分市

幸崎駅
駅舎正面 平成14年4月28日撮影
大分市佐賀関地区(旧・北海部郡佐賀関町)にある駅。駅は小猫川の谷間に位置していますが、駅北方の小猫川河口付近には町並みや漁港が広がっています。駅名は駅開業当時の自治体名である北海部郡神崎(こうざき)村に由来しているようですが、既に開業していた同名の駅(神崎駅:現・尼崎駅のことか)と区別するために漢字表記を変えたとのことです。また、昭和38年までは当駅で日本鉱業佐賀関鉄道が接続し、佐賀関地区の中心部にあった日鉱佐賀関駅まで列車が運行されていました。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治44年に開業。写真の旧駅舎の建築時期はふめいだが、昭和21年に駅舎改築の記録あり。平成21年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 幸崎駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
幸崎駅
現在の駅舎 平成24年9月23日撮影