北方駅

きたがた
JR九州 佐世保線
佐賀県武雄市

北方駅
駅舎 H30(2018).4.13
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治29年に開業。駅舎の改築記録はないとする資料(『日本の
駅』)と、開業初期はベンチのみで明治40年頃に一、二等の待合室が
つくられたとする資料(『国鉄全線各駅停車』)があるが、いずれに
しても大幅に改装されている。
れとろ駅舎HOME >> 九州・沖縄のれとろ駅舎 >> 北方駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
武雄市北方地区(旧・杵島郡北方町)にある駅。北方地区は古くから長崎街道の宿場町として栄えてきた町ですが、駅は町の中心部から1キロほど東に外れた場所に設けられています。
なお、平成13年の訪問時には、長崎本線の肥前浜駅や湯江駅とともに駅事務室が宅配便の営業所として使用されており、切符の委託販売が行われていましたが、現在はいずれも退去しています。
北方駅
駅舎内部 H30(2018).4.13
北方駅
駅舎 H25(2013).8.29
北方駅
ホーム側から見た駅舎 H25(2013).8.29
北方駅
駅舎 H13(2001).12.30
【切符】
北方駅 きっぷ