肥前山口駅 ひぜんやまぐち
JR九州 長崎本線
佐賀県杵島郡江北町

肥前山口駅
旧駅舎正面 平成6年3月17日撮影
杵島郡江北町の玄関駅。駅前には民家や商店が建ち並んでいます。長崎本線と佐世保線という主要幹線同士の分岐駅であるため、当駅を始発・終着とする列車が多く設定されており、乗務員の交代や長時間停車もよく見られます。また、現在ではあまり見られなくなりましたが、かつては当駅で特急列車や普通列車の分割・併合が頻繁に行われていました。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治28年に「山口」駅として開業し、大正2年に現在の駅名に改称。写真の旧駅舎は昭和28年に建てられたもの。平成15年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 肥前山口駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
肥前山口駅
旧駅舎全体像 平成15年1月2日撮影

肥前山口駅
現在の駅舎 平成27年5月24日撮影