葉木駅

はき
JR九州 肥薩線
熊本県八代市

葉木駅
旧駅舎 H25(2013).8.4
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 昭和17年に仮乗降場として開業し、昭和22年に駅に昇格。駅昇格時から
駅員が配置されていたとする記録があるが、昭和35年に駅舎改装とする
記録もあり、写真の旧駅舎がどちらの時期に建てられたものかは不明。
平成28年に現在の駅待合室に改築。
れとろ駅舎HOME >> 九州・沖縄のれとろ駅舎 >> 葉木駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
球磨川のほとりの狭い場所にある駅。集落から少し離れているため、周囲に民家はありません。かつて駅の近くには荒瀬ダムや水力発電所があり、駅員の配置が必要なほどの利用客がいたようですが、昭和59年に駅は無人化されています。
なお、荒瀬ダムは数年がかりの工事を経て撤去され、駅前に形成されていたダム湖も渓流へと姿を戻しています。
葉木駅
旧駅舎内部 H25(2013).8.4
葉木駅
ホーム側から見た旧駅舎 H25(2013).8.4