早岐駅 はいき
JR九州 佐世保線
長崎県佐世保市

早岐駅
旧駅舎正面 平成25年4月22日撮影
佐世保市早岐地区にある駅。駅前には市街地が広がっており、商業施設や公共機関などが建ち並んでいます。また、駅構内には車両基地が設けられており、佐世保線や大村線の列車運行上の拠点駅としても機能しています。昭和9年に現在の長崎本線のルートが全通するまでは、佐世保線の肥前山口−当駅間と現在の大村線の区間は長崎本線の一区間となっており、現在でも肥前山口方面からの列車はそのままの向きで大村線への直通が可能ですが、佐世保方面への直通列車は当駅で進行方向が逆になります。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治30年に開業。写真の旧駅舎は建物財産表に「明治30.11.11」とあるが、昭和8年と25年に一部改築の記録あり。おそらく昭和初期から戦後にかけての時期に建てられたものか、あるいは後年に大幅な改装を施されたものと思われる。平成26年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 早岐駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
早岐駅
旧駅舎側面 平成25年4月22日撮影

早岐駅
平成11年当時の旧駅舎 平成11年1月2日撮影