東中津駅 ひがしなかつ
JR九州 日豊本線
大分県中津市

東中津駅
駅舎正面 平成23年4月1日撮影
中津市の郊外にある駅。
周囲には民家や田畑が混在していますが、北方2キロほどの周防灘沿岸部には中津港の港湾施設が広がっています。

平成6年の駅訪問時には、駅の裏手に貨物設備の跡が広がっていましたが、現在は跡地に体育館が建てられています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治34年に「大貞」駅として開業し、昭和27年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は大正4年に建てられたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 東中津駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
東中津駅
平成10年当時の駅舎 平成10年12月30日撮影

東中津駅
ホーム側から見た駅舎 平成10年12月30日撮影