筑前植木駅

ちくぜんうえき
JR九州 筑豊本線
福岡県直方市

筑前植木駅
駅舎 H28(2016).7.6
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治26年に「植木」駅として開業し、明治30年に現在の駅名に
改称。現在の駅舎の建築時期は不明だが、大幅に改装されている。
れとろ駅舎HOME >> 九州・沖縄のれとろ駅舎 >> 筑前植木駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
直方市の郊外にある駅。駅前は住宅地で、駅のすぐ北側を山陽新幹線と九州自動車道が横切っています。当駅は明治26年に筑豊興業鉄道によって開業しましたが、当時すでに九州鉄道(現在のJR鹿児島本線の一部)が熊本県に植木駅を設けていたため、明治30年の九州鉄道との合併時に旧国名を冠した現在の駅名に改称されました。
なお、現在は旧国名を冠した駅名の駅は多く存在していますが、記録上では当駅が旧国名を関した駅名の先駆けであったと思われます。
筑前植木駅
駅舎内部 H28(2016).7.6
筑前植木駅
ホーム側から見た駅舎 R1(2019).6.23
筑前植木駅
駅舎 H6(1994).1.6
【切符】
筑前植木駅 きっぷ