千綿駅

ちわた
JR九州 大村線
長崎県東彼杵郡東彼杵町

千綿駅
駅舎 H27(2015).5.24
【分類】 復元駅舎
【考察】 駅は昭和3年に開業。昭和46年の駅無人化後、駅舎は町の管理下となる。
現在の駅舎は平成5年に旧駅舎の雰囲気を模して改築されたもの。
れとろ駅舎HOME >> 九州・沖縄のれとろ駅舎 >> 千綿駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
大村湾を望む静かな集落にある駅。駅のすぐ背後まで大村湾が迫っており、ホームから夕暮れの美しい海を眺めることができます。
なお、現在の木造駅舎は、旧駅舎の趣や風情を残すために旧駅舎の古材を利用して平成5年に改築されたもので、昭和50年代の旧駅舎の写真と比較すると形状は類似していますが、駅前広場と同じ高さに建てられていた旧駅舎とは異なり、現在の駅舎は嵩上げされた基礎の上に建てられています。
千綿駅
駅ホームと大村湾 H27(2015).5.24
千綿駅
駅舎 H15(2003).1.2
【切符】
千綿駅 きっぷ