豊前善光寺駅 ぶぜんぜんこうじ
JR九州 日豊本線
大分県宇佐市

豊前善光寺駅
旧駅舎正面 平成10年12月30日撮影
宇佐市の郊外にある駅。駅名は近くにある寺の名前に由来しています。また、駅の南方4キロメートルほど先には現在の宇佐市の中心市街地である四日市地区があり、その玄関口として駅開業時には「四日市」駅と称していたほか、昭和28年までは大分交通豊州線が接続し、四日市地区の中心部を経て現在の宇佐市院内地区とを結んでいました。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治30年に「四日市」駅として開業し、大正8年に現在の駅名に改称。写真の旧駅舎は昭和10年に建てられたものと思われるが、平成18年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 豊前善光寺駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
豊前善光寺駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成10年12月30日撮影

豊前善光寺駅
現在の駅舎 平成27年4月25日撮影