荒尾駅 あらお
JR九州 鹿児島本線
熊本県荒尾市

荒尾駅
駅舎正面 平成19年3月21日撮影
荒尾市の玄関駅。駅前には商店や民家が建ち並んでいます。荒尾市は炭鉱の町として栄えてきたところで、かつては市営鉄道や市営バスも走っていました。また、貨物輸送で賑わっていた頃の名残で駅の構内はとても広く、駅舎とホームの間には貨物側線の跡が広がっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正元年に「万田」駅として開業し、昭和18年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は2代目で、昭和18年に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 荒尾駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
荒尾駅
ホーム側から見た駅舎 平成19年3月21日撮影

荒尾駅
平成7年当時の駅舎 平成7年1月8日撮影