多度津駅

たどつ
JR四国 予讃線
香川県仲多度郡多度津町

多度津駅
駅舎 R1(2019).9.20
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治22年に開業し、大正2年に現在地に移転。現在の駅舎は駅移転
時に建てられたものだが、JR発足後に大幅に改装。
れとろ駅舎HOME >> 四国のれとろ駅舎 >> 多度津駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
仲多度郡多度津町の玄関駅。予讃線・土讃線というの2つの主要幹線の分岐駅で、列車運転上の主要駅でもあり、駅構内には車両基地が広がっています。
また、近くには車両工場があり、駅とは側線によって結ばれていますが、明治22年に開業した初代の多度津駅はこの車両工場の場所に設けられていたとのことです。
多度津駅
駅舎内部 R1(2019).9.20
多度津駅
駅舎 H28(2016).3.16

多度津駅
ホーム側から見た駅舎 H28(2016).3.16

多度津駅
駅舎 H12(2000).12.30