小歩危駅

こぼけ
JR四国 土讃線
徳島県三好市

小歩危駅
駅舎 R2(2020).9.27
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は昭和10年に「西宇」駅として開業し、昭和25年に現在の駅名に
改称。駅舎の建築時期は不明だが、JR発足後に大幅に改装。
れとろ駅舎HOME >> 四国のれとろ駅舎 >> 小歩危駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
吉野川上流部の景勝・小歩危の下車駅。駅は斜面の上に設けられており、集落や道路とは急な階段で結ばれています。
また、小歩危の渓谷美は列車の車窓からも楽しむことができます。
小歩危駅
駅舎内部 R2(2020).9.27

小歩危駅
ホーム側から見た駅舎 R2(2020).9.27

小歩危駅
駅舎 H17(2005).8.14

小歩危駅
ホーム側から見た駅舎 H17(2005).8.14