伊予大洲駅

いよおおず
JR四国 予讃線
愛媛県大洲市

伊予大洲駅
駅舎 H15(2003).11.14
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正7年に「大洲」駅として開業し、昭和8年に現在の駅名に改称。
昭和10年頃に線路改軌および駅移転の記録があり、現在の駅舎は駅移転
時に建てられたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 四国のれとろ駅舎 >> 伊予大洲駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
大洲市の玄関駅。駅の周囲は鉄道開通後に開けた新しい市街地で、戦国時代から大洲城の城下町として栄えてきた旧市街地は肱川の対岸に広がっています。
なお、当駅を出発した下り列車はすぐに肱川を渡りますが、その際に河畔に佇む大洲城の復元天守閣を望むことができます。
伊予大洲駅
駅舎 R2(2020).9.27
伊予大洲駅
駅舎内部 R2(2020).9.27
伊予大洲駅
ホーム側から見た駅舎と列車 H31(2019).4.27
【切符】
伊予大洲駅 きっぷ伊予大洲駅 きっぷ
伊予大洲駅 きっぷ