板野駅

いたの
JR四国 高徳線
徳島県板野郡板野町

板野駅
駅舎正面 平成28年3月20日撮影
板野郡板野町の玄関駅。駅前には町の中心部が広がっており、商店や民家が建ち並んでいます。
当駅は池谷−鍛冶屋原駅間の路線が開通した際に途中駅として開業しましたが、高徳本線(現在の高徳線)が接続したことにより、当駅−鍛冶屋原駅間は鍛冶屋原線として独立。鍛冶屋原線は昭和47年に廃止となりました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正12年に「阿波大寺」駅として開業し、「板西」駅を経て昭和31年に現在の駅名に改称。現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 四国のれとろ駅舎 >> 板野駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
板野駅
ホーム側から見た駅舎 平成28年3月20日撮影

板野駅
平成15年当時の駅舎 平成15年1月5日撮影