白市駅 しらいち
JR西日本 山陽本線
広島県東広島市

白市駅
駅舎正面 平成28年8月4日撮影
東広島市の郊外にある駅。駅前には商店や民家が建ち並んでいますが、駅のある場所は小谷(こだに)という集落で、駅名の由来となった白市の町の中心部は駅の北西方1.5キロほどの場所に広がっています。また、当駅を始発とする広島方面への区間列車が多く運転されているほか、平成5年には駅の東方約10キロほどの場所に広島空港が移転・開港。当駅からの道路でのアクセスが便利なため、当駅は広島空港への中継駅としても機能しています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治28年に開業。現在の駅舎は昭和13年に建てられたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 白市駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
白市駅
ホーム側から見た駅舎 平成27年3月27日撮影

白市駅
平成8年当時の駅舎 平成8年3月19日撮影