塩町駅

しおまち
JR西日本 芸備線
広島県三次市

塩町駅
駅舎 H24(2012).9.27
【分類】 現役駅舎
【考察】 昭和5年に「田幸」停留場(無人駅)として開業。昭和8年に福塩北線の分岐駅となり一般駅に昇格。昭和9年に現在の駅名に改称。※1
現在の駅舎は昭和28年に一部改築の記録あり。※2
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 塩町駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
三次市の郊外にある駅。周囲は農村地帯で、駅前には民家や商店が建ち並んでいるほか、駅の裏手には高校があります。
また、当駅は福塩線の接続駅となっていますが、福塩線の列車はすべて三次駅まで乗り入れています。
塩町駅
駅舎 H24(2012).9.27
塩町駅
駅舎内部 H24(2012).9.27
塩町駅
駅構内 H24(2012).9.27
塩町駅
駅舎 H13(2001).12.31
【切符】
塩町駅 きっぷ
【脚注】
※1.『駅長さんの書いた駅名ものがたり』 東洋図書出版 1977,pp.144-145(神杉駅の項)
※2.『日本の駅』 鉄道ジャーナル社 1972,p.398