下関駅 しものせき
JR西日本 山陽本線
山口県下関市

下関駅
旧駅舎正面 平成18年1月3日撮影
関門海峡を望む本州西端部の港湾都市・下関市の玄関駅。古くからの街の中心部である唐戸地区からは少し離れていますが、駅の東側には市街地が延びており、駅前広場に設けられたペデストリアンデッキが商業施設や宿泊施設、バスターミナルなどに直結しています。

駅は当初は連絡船との接続のため、現在地より東側の桟橋に隣接した場所に設けられていましたが、昭和17年の関門トンネル開通に伴い現在地に高架駅として移転。現在も駅設備の大部分は当時のものを改装し使用していますが、駅東口に建っていた駅舎は火災により消失し、現在は小柄な駅ビルが建てられています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治34年に「馬関(ばかん)」駅として開業し、翌年に現在の駅名に改称。写真の旧駅舎は昭和17年に建てられたものだが、平成18年に火災で焼失。仮駅舎での営業期間を経て平成26年に現在の駅ビルが完成。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 下関駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
下関駅
平成7年当時の旧駅舎 平成7年1月2日撮影

下関駅
現在の駅ビル 平成26年8月23日撮影

下関駅
駅西口 平成26年8月23日撮影