尾道駅

おのみち
JR西日本 山陽本線
広島県尾道市

尾道駅
旧駅舎 H24(2012).3.20
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治24年に開業。写真の旧駅舎は昭和3年に建てられ、昭和17年に
大幅に改装。また、昭和44年に正面部分が増築されたものと思われる。
平成31年に現在の駅舎に改築。
北口は以前から開設されていたものを平成5年に現在地に移設。現在の
北口駅舎は移設時に建てられたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 尾道駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
尾道市の玄関駅。駅は市の中心市街地の西端部に位置しており、駅前には商業施設などが建ち並んでいるほか、尾道水道(尾道海峡)の対岸にある向島とを結ぶ渡船のターミナルも設けられています。
尾道の町は古くから瀬戸内の主要な港町として、また、西国街道の宿場町としても栄えてきたところで、多くの神社仏閣や坂のまちとしてのロケーション、長い年月を経て成熟された芸術文化などの観光資源にも恵まれており、年間を通じて多くの観光客が訪れています。
尾道駅
ホーム側から見た旧駅舎 H24(2012).3.20
尾道駅
旧駅舎 H10(1998).3.19
尾道駅
北口駅舎 H27(2015).3.24
【切符】
尾道駅 きっぷ