新山駅

にいやま
井笠鉄道 本線
岡山県笠岡市

新山駅
井笠鉄道資料館となった旧駅舎 平成28年8月4日撮影
笠岡市北部の農村地域にかつて存在していた、井笠鉄道の駅。昭和46年の鉄道線廃止により廃駅となりましたが、バス会社として存続していた井笠鉄道株式会社によって、昭和56年に旧駅舎を利用した井笠鉄道記念館が設立。現在は「笠岡市井笠鉄道記念館」として笠岡市による運営が行われ、資料や車両の展示のほか、鉄道現役当時の切符の販売も行われています。なお、旧駅舎は旧線路跡を利用した道路の拡幅のため、現役当時の場所から数メートル西側に移設されているとのことです。
【分類】 保存駅舎(現存)
【考察】 駅は大正2年に開業し、昭和46年に廃止。写真の旧駅舎は駅開業当時からのもの。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 新山駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
新山駅
旧駅舎内部 平成28年8月4日撮影

西大寺鉄道を走った車両
旧駅舎の傍らに展示されている保存車両 平成28年8月4日撮影