西出雲駅

にしいずも
JR西日本 山陰本線
島根県出雲市

西出雲駅
旧駅舎正面 平成12年8月14日撮影
出雲市の郊外にある駅。駅前には民家や商店が建ち並んでいます。当駅は開業当時の村名(簸川郡知井宮村)を駅名としていましたが、昭和57年に当駅の南西方に車両基地が造られ、当駅まで電化区間が延伸。出入庫の都合で当駅を始発・終着とする列車が増え、特急列車にも当駅の行先が表示されるようになったため、知名度の高い「出雲」を含めた現在の駅名に改称されました。また、南北自由通路の設置に併せて南口が再開発され、ロータリーやホテル、温泉複合施設などが建ち並んでいます。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正2年に「知井宮」駅として開業し、平成5年に現在の駅名に改称。写真の旧駅舎の建築時期は不明。平成10年に現在の自由通路が完成し、旧駅舎はその後しばらくして解体された。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 西出雲駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
西出雲駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成12年8月14日撮影

西出雲駅
現在の駅北口とホーム上にある簡易駅舎 平成12年8月14日撮影

西出雲駅
南口待合室 平成12年8月14日撮影