出雲坂根駅

いずもさかね
JR西日本 木次線
島根県仁多郡奥出雲町

出雲坂根駅
旧駅舎 H13(2001).12.31
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は昭和12年に開業。写真の旧駅舎は駅開業当時からのもの。
平成22年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 出雲坂根駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
仁多郡奥出雲町横田地区(旧・仁多郡横田町)にある駅。周囲は広島県との県境も近い山岳地帯で、駅の周囲には民家が点在しているほか、「延命之水」という湧水が駅の構内に湧き出ることでも知られています。
また、隣の三井野原駅がある三井野の集落とは直線距離では1キロほどしか離れていませんが、当駅が設けられている場所とはかなりの標高差があるため、鉄道はスイッチバック、道路はループ橋で高低差を克服しています。
出雲坂根駅
ホーム側から見た旧駅舎 H13(2001).12.31
出雲坂根駅
現在の駅舎 H30(2018).7.22
出雲坂根駅
車窓から見た現在の駅舎 H25(2013).8.12